子どもの姿勢や体作りのコツが分かるマガジン(noteで販売中)

面接の時点で「即、不採用!」となる人の特徴は、前職の悪口を言う人

年末年始で社員の入れ替わりがありましたので、その手続きにハローワークに行ってきました。

1月ということもあるのか、待ち時間もなく、スムーズに手続きができました。

去年の4月に来た時は、もう激混みで1時間以上待った覚えがあります。

ハローワークって、季節モノって感じ(笑)。

それにしても、独立しなければ雇用手続きにハローワークに行くこともなかったと思うので、これもいい経験ですね。

 

そういえば、沢山の人の面接する経験が増えてくると、面接応募者はいくつかのグループに分けることができることを実感します。

自分に自信を持った人、反対に自信なさ気な人など色々ですが、ぼくが面接で絶対に採用通知を出さない人は、「前の職場やスタッフ、上司のことを悪く言う人」です。

え?そんな人いる?と思うかもしれませんが、結構いるんです。

うちのように、組織的な面接をしない小さな会社だと、つい気が緩むのでしょうね。

 

「前の職場の上司は、こんな悪い人で」など、時には嬉々としながら話す人がいます。

まあ、ぼくも「ボロ」が出るように、敢えて喋りやすい雰囲気を作ったり、「へー、そんなに大変な職場だったんですね!」など同情する素振りをしてみたりするのですが(笑)。もちろんそれも面接テクニックとしての一つですが。

そこを見られている!と思わない人は、余計に悪口のオンパレードに。

 

実際に経験したのは、前の職場の悪口だけでなく、「気に入らなかったから、次の日から職場に行かず、今日で辞めます、とだけ電話して、そのまま辞めたんですよ」とさも、武勇伝を語るように面接の場で話す人がいました。

そんなの、速攻で不採用決定!に決まってます(笑)。気付かないのかなあ(笑)。

どうせうちだって、気に入らないと、明日から来ない!となるに決まってますから。

 

雇用される側から雇用する側に変わると、見える世界が一変します。

 

面接を受ける予定の方、面接官は色々と「仕掛けて」きますし、「気付かれないように仕掛けを用意して」いますよ。

思慮と節度をもって、面接に挑みましょう!