今年度の手帳は、ほぼ日手帳のカズンに決めました

今年度(2018年度)の手帳は、ほぼ日手帳のカズン(A5サイズ)にしました。

昨年度は、はじめてほぼ日手帳のオリジナル(文庫本サイズ)を使ってみたのですが、書き込むスペースが小さすぎて使いにくかったです。

 

で、今年は持ち運びには少し重いですが、書き込むスペースが大きいカズンにしました。

小さなスペースに書くことが苦手な人は、オリジナルはやめておいたほうがいい、というのがぼくの意見です。

特に、超不器用で、細々したことが苦手な発達性協調運動障害のある人(ぼくのことです)はオリジナルよりカズンを選ぶべきです。

ちなみに、手帳カバーはほぼ日手帳オリジナルのものではなく、キングジムのノートカバーをチョイス。

ほぼ日手帳の専用カバーは、価格が高すぎるのでパスです。

カバーに数千円するなんて、これはもうカバーではなく、ファッションです。

 

キングジムのノートカバーは、機能性重視の商品です。

  1. カバーは硬目の素材なので、手帳の表紙や裏表紙が折れ曲がらない
  2. マジックで蓋(上の画像の黄色のタグが付いている部分)が閉まる
  3. ペンがスマートに収納できる

このキングジムのカバーと同じようなものに、コクヨのシステミックというシリーズもあります。

こちらも使ったことがありますが、カラーが黒のみで、デザインもビジネス的な感じでした。
シックなノートカバーがいいなら、こっちですね。


これまで、思考をまとめるのに使っていたのは、

1.リーガルパッド(レターサイズ)

2.情報カード(5×3)

3.マルマンニーモシネ(A4・方眼)

などでしたが、今年度はできるだけほぼ日手帳カズンに集約して使ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。