LinkedInは、独立開業を目指すセラピストなら絶対に登録するべき

FacebookなどのSNSの一つと思って、以前登録したものの、使い方が良く分からず退会していた「LinkedIn」。

今回、新たな事業を始めるにあたって、再登録してみました。

LinkedInは、ビジネスに特化したSNS

FacebookやTwitterなどのSNSと圧倒的に違うところは、ビジネスに特化したSNSというところ。

これからの時代の仕事は、(どんな仕事であっても)つながりが必要になってくると思うのですが、そのつながりを助けるツールとしてのSNSという感じ。

つまり、あくまでもビジネスチャンスを拡大するためのツールであって、Facebookのように、人の日常生活(例えば○○を食べて美味しかったとか、猫が生まれたよ、など)を垣間見るようなものではないというところに明らかな違いがあります。

日本では、仕事のことも日常の様子も、すべてFacebookやTwitterにUPする傾向が高いので、LinkedInを別に使う必要はないのかもしれません。

でも、セルフブランディングとしてSNSを使うなら、仕事とプライベートは分けた方が良いですね。

ブログでも雑多ブログよりも、特化型ブログのほうが、ブランディング化しやすい、というのと同じです。

フリーランスや会社を立ち上げた人は登録すべき

ぼくのように個人事業主から会社を立ち上げた人なら、登録するべきSNSだと思います。

自分の事業を多くの方に知ってもらうことは当然のことながら、ビジネスを真面目に考えている、ということがアピールできるからです。

ぼくの事業もそうですが、個人事業主は「信頼を得にくい」というのが何よりの課題。

ビジネス相手にしてみたら、いつ「やーめた!」って言われるかもしれない、と不安です。当然ですよね。

だから、少しでも信頼を得るためには、FacebookでアピールするよりもLinkedInで「真剣にビジネスに取り組んでいる」ことを表現するべきだと感じました。

フックを出しておくためだから、とりあえずはブログ記事の更新情報をリンクしておく

つながりは、ひょんなことから起こります。

そのためには、フックを出しておくことが必要。

なので、LinkedInの使い方としては、とりあえず他のSNSと同じように、ブログ記事の更新情報をリンクしておけばいいんじゃないかなと。

ブログと一緒で、定期的に記事更情報をUPしておくことで、少しずつ信頼が上がっていくと思います。

ぼくの経営する発達相談室にも、「以前からブログを読んでいたのですが・・・」と言って初回相談に来られる方がたくさんおられます。

潜在顧客が、見込み顧客になるまでには相当時間がかかりますし、さらに見込み顧客が実際のお客様になるまでにも、一定の時間が必要です。

ビジネスにおける信用は、一朝一夕に構築されることなんてないので、地道に更新していくことが必要かなと思います。

ということで、独立起業を考えているセラピストの皆さんも、LinkedInに登録して見て下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。